和装 レンタル.com、白無垢 打掛 振袖のレンタル婚礼に

振袖と着物について
違いは簡単にいうと、袖が長いのが振袖で、短いのが着物。「未婚女性が祭礼や儀礼的な場面で着用する正装の晴れ着である和服が振袖。振袖の特徴は袖の「袂」(たもと)が特に長いことにあると、正式には定義されています。「又、長さにより「大振袖」(袖丈114cm前後)「中振袖」(袖丈100cm前後)「小振袖」(袖丈85cm前後)に分類される」と、書かれていることもあります。そして 「現在では最も袖丈の短い小振袖はほとんど着用されないが、格式があれば中振袖でも第一礼装とし通用するとされ、一般的な大振袖より格が落ちるわけではない。(むしろ古風と認識される)」ともあります。
更に結婚すると 江戸時代には若年者が着用する振袖の長い袖を結婚後に留めて短くする習慣があり、これらの着物を柄いきに関わらず全て「留袖」といっていました。

振袖の選び方
背丈の低い人なら、派手な柄ばかりの着物を着ると、柄に埋もれてしまって、あまり格好の良くない姿になってしまいますので、シンプルな柄の着物を選ぶ方がいいでしょう。逆に背が高い人の場合、あまりシンプルな着物を選んでしまうと、なんだか間延びしたような感じになってしまうので、背の高い人ほど、柄が沢山入った派手目のものを選ぶといいでしょう。
あなたの顔の目鼻立ちや、あなたがもっている雰囲気によって、派手目の着物を選んだり、シンプな着物を選びんでください。目鼻立ちが派手な方でしたら、シンプルなお着物を選んだ方がよいでしょう。一度袖を通して、実際に鏡を見て確認してみましょう。
柄について
古典柄
草木や花、蝶や鳥、扇面などを描いた昔ながらの古典的な雰囲気の柄づけをいいます。柄自体も小さいものが多く、着物全体に柄がついています。

モダン柄
前衛的、幾何学的な柄やイメージを配したものを言います。最近では、洋花や幾何学模様、さらにはヒョウ柄といったものを取り入れたものや一部のDCブランドなどに多く見られます。
新古典柄
柄自体は古典と同じですが、袖だけに柄づけをしたり、袖の付け方に新しさを出したりしているタイプをいいます。
基本的には振袖の柄は全体についているものですが、最近では、袖だけに柄をつけたシンプルなものもあります。 さらには、色のグラデーションだけという無地のものまでもあります。 一般的には、日本の四季に合わせた柄が好まれますが、柄自体には決まった形式はございません。
結婚式や卒業式などの祝い事の多くはその季節に合わせて着る事が多いです。 昨今では松竹梅や四季が全て描かれている物などがあり、このような柄であれば通年で着る事ができます。

レンタルのメリット
レンタルの良い点としては、一度だけの着用なら非常に割安です。
また成人式で着た後は、お店に返却するだけですので、非常に手軽で保管スペースも要りません。また色々な柄の着物を、その時々によって選ぶことが出来ます。

格安の和装レンタルをお探しの方は、こちら!
定価金額の、50%〜70%OFFでレンタル可能!!


ルミエ元町店
Tel : 045-640-4731